社会貢献

 ぎょしょく出前授業!

愛南町は、2007年より本格的に県内でぎょしょく出前授業を手掛け出しました。
私も、2009年ぐらいから行政・漁協と共にいろんな学校に出向き、ぎょしょく出前授業の養殖に関しての授業の講師をさせて頂いております。
  今だから言える事なのですが、初めて私にこの取り組みの話が来たとき、正直なところ『なんで私がしないといけないのか』と思いました。
ですが、授業を重ねるたび、授業を聞いてくださる生徒たちのキラキラしたまなざしや、私の話を必死に聞き、ノートに書きとめている姿、実際に私たちが持って行った魚に触れたときの笑顔や表情を見るたびに、ぎょしょく出前授業への重要性を強く感じ、私のやる気がどんどん増してきました。
 私は、この取り組みが日本の魚離れに対して一石を投じることができると強く思っています。
日本でつくられた安心・安全で美味しい養殖魚をたくさんの方々に知って食べて頂きたいと思います。
そして、その価値を納得して頂けるよう今後も努力するつもりです。
皆さん、今、私の手元には大切な宝があります、それは、いろんな学校の生徒からもらった沢山の手紙です。

愛南町の小学校(左)東京都の小学校(右)に出向いていてぎょしょく出前授業を行った時の画像です。

 

福島県の小学校(左)福島県の中学校(右)に出向いていてぎょしょく出前授業を行った時の画像です。

 

福島の中学で鯛めしが給食に出た時生徒が我先におかわりをしている画像です。

 

ぎょしょく出前授業を行った学校から頂いたお礼のお手紙です。